効果が期待できる速度とは?

サーキットで高速で走るスポーツカーの車体後方には多くの場合リアウイングが装着されています。

 

このリアウイングはダウンフォースと呼ばれる下向きの力を発生させ、駆動輪をしっかりと地面に密着させる働きがあります。
このダウンフォースですが、一般的に80km/h以上で効果が期待できるとされています。

 

通常の乗用車でもスポーツタイプの車にはリアウイングが装着されています。
高級車などは速度が上がると自動的にリアウイングが車体後方からせりあがってくるシステムなどもあります。
この時の速度がだいたい80km/h以上となります。

 

リアウイングは基本的には後輪駆動車の為に開発されました。
後輪駆動車は後輪が駆動して車を押すように発進します。
馬力の高い車や高排気量の車などは、非常に大きなパワーで自動車を動かします。
この時、カーブなどでパワーが掛かり過ぎ、タイヤがグリップ力を失ってスピンをしてしまうことがあります。
そのようなときにリアウイングがダウンフォースを発生させて、タイヤを地面にしっかりと押し付けます。田舎02
すると、通常ではタイヤがグリップを失ってしまう場合でも、ダウンフォースによりタイヤが地面に押し付けられてグリップを失うことはありません。

コメントは受け付けていません。