走行性能

地球08自動車の走行性能を上げるには様々なテクニックが求められます。現在、その性能と言えば、その多くは、急発進や急ブレーキを抑えてゆっくりと走り始め、加速もゆっくり行い、何とか2000回転以下でどうにか済ます等、涙ぐましい努力を行えば、長距離で通常、高速道路を走行する場合は、1リットルで20キロメートル以上走行することも可能でしょう。

 

しかし、もっとこの性能を上げることができないものなのでしょうか。

 

実に細かいことですが、この性能を上げる方法が無いわけではありません。その方法の一つに、リアスポイラーを取り付けることがあげられるでしょう。

 

このリアスポイラーとは、バックのウィングのことで、レーシングカー等がつけているものです。一般の自動車でも、外車のスポーツカー等は、標準装備でついている場合が多いのが特徴です。確かに、スポーツカーの場合は、スピードメーターも200キロ以上表示してあったりして、それなりに有効である場合が多いとは思います。

 

ただ、一般的に流線型であれば、その威力を発揮するのは、時速130~150キロ以上で走行する場合であって、それ以外であれば、あまり意味を成さない等とも言われています。スポーツカー等は、取り付けなければ本来的な性能を発揮できないことになります。

コメントは受け付けていません。