タクシーがフェンダーミラーなのはなぜ?

現在の自動車は、ドアミラーが主流です。軽自動車にしても、普通自動車にしてもドアミラーが大半です。地球06

しかし、同じ普通自動車なのにタクシーがフェンダーミラーなのは、何故か。実は安全面を考えたら、あれが一番良いからです。

一つ目は、運転しやすい点です。
プロドライバーのタクシードライバーですので、常に安全運転を心掛けないといけません。左右の安全確認と両サイドの安全確認をしないといけませんので、運転につ疲れてしまってはいけません。

ボンネットの両サイドにミラーを付けることで目の移動や首のひねりが少なくなり、安全確認もしやすいです。そのため、運転していても疲れにくいという利点が出てきます。
また、フェンダー側面からドア側面までの車幅感覚が保たれて、接触事故を回避しやすいという点もあります。

そして、乗客に不快な視線を与えない点もあります。
ドアミラーですと、左右確認するとき視線が移動しまくりですので、視線が気になる乗客は不快に感じるでしょう。
フェンダーですと、前方にありますのでそのような事はまずおこりません。

このような点がありますので、今でもタクシーはフェンダーです。
でも、タクシーに限らずパトカーも現在でもフェンダー仕様です。

コメントは受け付けていません。