後続車のライトが眩しい時は防眩機能を使いましょう

意外と知られていないルームミラーの使い方ですが、防眩機能とう機能が自動車のルームミラーにはついています。

 

これはルームミラーの下にある小さな摘みを置くに押すと、防眩する仕組みになっています。
光の反射率を変える仕組みになっており、ミラーはやや暗めになりますが、後続車のライトが眩しい時などに防眩の機能を使うと眩しくなくなります。
このような昨日は自動車の教習所やカーディーラーなどでは教えてくれない場合が有りますので、後続車のライトが眩しいと感じたら、防眩の機能を活用するようにしましょう。

 

また、光量を感知して自動で防眩を行う装置もあります。地球05

 

自分で機能の切り替えをやるのが面倒だという方は自動の防眩装置を購入するとよいでしょう。
防眩装置は光の反射率を変えるため、やや暗く写るようになります。

 

日中などこの機能を切り忘れていると、後続の自動車の状況把握が正しくできなかったり、距離感を把握できない場合が有りますので注意が必要です。
後続の自動車がいなくなったり、眩しくないと感じた場合は防眩の機能を切るように心がけましょう。
また、夜間走行中は前方にいる車に眩しくないように自分自身も配慮する必要があります。

 

都市部などの自動車の交通量が多いところではハイビームは控えるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。