ドアミラーとフェンダーミラーの違い

自動車についているミラー。
後方を確認するものですが、二種類存在しています。

 

 

かつては、フェンダーミラーが主流でした。
ボンネットの両サイドについていて、それで後方の安全確認をしていました。昔の法令でボンネット付の自動車はフェンダーミラーと義務つけられていて、ほとんどの自動車がこのタイプでした。
タクシーにしても軽自動車にしても普通自動車にしても、ミラーの位置は同じでした。

 

 

しかし、1983年にそれが撤廃されます。地球03
そうなると、デザイン的にいかがなものかとなり、ミラーの位置を変えるようになりました。
現在では、このタイプの自動車はタクシーやハイヤー、教習車や公用車や社用車やパトカーに採用されています。
これは安全面に優れている点と、視点の切り替えが素早くできますので、疲れがたまりにくいという点がありますので、現在でも採用しています。

 

 

そのミラーの位置を変えたのが、ドアミラーです。
現在では、こちらが主流です。このタイプの利点は、必要な時にだけ視点が移動できますので、運転に集中しやすい事です。
さらに、突起物の衝突を回避できるという点がある反面、視界が生まれて特に左折時に巻き込み事故を起こしやすいという点があります。

コメントは受け付けていません。